北区赤羽の關口行政書士事務所 幸せ相続センター東京第一
遺言・相続に関する手続き・離婚相談・各種契約書の作成・建設業許可申請

お問合せは
フリーダイヤル☎0120-980-833
【メール】mail@sekiguchikatsuo.com

 
トップページへ | 料金表はこちら | コラム | 遺言条項例 | ブログ |
所長プロフィール

   
 
行政書士・離婚再婚アナリスト
關口勝生(せきぐちかつお)
1972年東京都北区生まれ。中央大学経済学部卒業後、株式会社日本リースに入社。サラリーマン生活になじめずわずか1年半で退職し、1年間タイで無職生活を送る。帰国後、大手ユニフォームメーカーに就職。会社勤めの傍ら、独学で行政書士の資格を取得。2007年10月に経験も人脈もゼロの状態で独立。名刺やブログといったツールを利用することで、驚異的なスピードで莫大な人脈を構築し、事務所経営を軌道に乗せる。独立以来、会社設立を中心に各種事業のサポートを行ってきたが、2010年より年間相談件数100件以上の実績を誇る幸せ相続センターの全面バックアップのもと、幸せ相続センター東京第一を開設。2012年北区赤羽に事務所を移転。趣味は、愛妻と旅行に行くこと。

【著書】
☆好評発売中☆
關口勝生(著)

『人脈塾 サラリーマンも
「自分名刺」を持ちなさい

阪急コミュニケーションズ
  人脈塾  

【メディア出演実績】
・ラジオJ-WAVE
『BOOM TOWN』
・テレビ朝日
「スーパーJチャンネル」
・産經新聞
・毎日新聞 他多数


空
コラム

株式等を相続させる旨の遺言

line

【上場株式を相続させる場合】

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

第○条 遺言者は、遺言者の有する下記の株式を、長女A(昭和4×年12月×日生)に相続させる。
                  記
     口座管理機関   みずほ証券株式会社  
     取 扱 店      ○○支店
     お客様コード    ○○○○○○○
     銘柄名(コード)   ○○商事株式会社(○○○○)
     数    量     3,000株
     

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【解説】

「社債、株式等の振替に関する法律」により、上場会社の株式に係る株券はすべて廃止され、証券保管振替機構及び証券会社等に開設された口座において電子的に管理されています。
取引残高報告書等を参照して、口座管理機関(証券会社)、取扱店(支店)、お客様コード(口座番号)、銘柄名、数量等を記載することで特定します。




【持分会社の社員持分を相続させる場合】

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

第○条 遺言者は、遺言者が有する合同会社○○設備の持分全部を、長男A(昭和6×年1月×日生)に相続させる。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【解説】

持分会社においては、社員の死亡は法定退社事由とされますが、当該死亡した社員の相続人その他の一般承継人が当該社員の持分を承継する旨を定款で定めることができます。この遺言条項例は、持分会社(合同会社)において、定款にその旨の定めがある場合に、持分の全部を長男Aに相続させるよう定めたものです。




【ゴルフ会員権(預託金会員制)を相続させる場合】

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

第○条 遺言者は、遺言者の有する下記のゴルフ会員権(下記ゴルフ場及び付属施設の利用権並びに下記金額の会員資格保証金としての預託金返還請求権)を、次男A(昭和6×年9月×日生)に相続させる。
                  記
    名        称     ○○○○株式会社(○○○○カントリークラブ)
    会  員  番  号     ○○○○○    
    預託金証書番号     第○○○○○○号
    預託金証書記載金額  金50万円
    

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【解説】

日本では、預託金会員制クラブ、株主会員制クラブ、社団法人制クラブ等がありますが、そのうち預託金会員制クラブがほとんどと言われています。預託金会員制クラブは、ゴルフ場施設を利用しようとする者が、ゴルフ場経営会社に一定の保証金を預託し、ゴルフ場施設利用者で構成された団体であるゴルフクラブに入会審査を経たうえで入会してその会員となり、ゴルフクラブの会則に則って施設を利用し、退会時にはゴルフ場経営会社から預託金の返還を受ける形態のものです。
預託金会員制ゴルフクラブの会員権の相続性については、ゴルフクラブ会員権を、ゴルフ場施設を利用することのできる「ゴルフクラブの会員たる資格」と理事会の承認を得ることを条件として会員となることができる地位である「ゴルフクラブ会員契約上の地位ないし会員権者たる地位」に分けて考える見解が有力です。
この見解に従うと、ゴルフクラブの会員たる資格は、入会審査を経て初めて付与される、いわば一身専属的なものであるため相続の対象になりません。
これに対して、ゴルフクラブ会員契約上の地位ないし会員権者たる地位の相続は、会則の定めに従うことになります。相続を否定する既定のある会則も認められているため、この場合は相続性は否定され、地位の承継をすることができません。もっともこの場合は被相続人の死亡にともなって当然に契約が終了し、預託金返還請求権が発生しますので、この発生した預託金返還請求権は相続されます。逆に、相続性を認める規定が会則にある場合、地位は相続によって承継され、相続人は理事会の承認を得ることを条件として会員となりうる地位を取得することになります。
預託金会員制のゴルフ場会員権を遺言で相続させる場合、名称、会員番号、預託金証書番号、預託金証書記載金額等を記載して特定します。










遺言条項例の目次に戻る▲




事務所概要

【事務所名】關口行政書士事務所 幸せ相続センター東京第一
【事務所所在地】〒115-0045 東京都北区赤羽2-2-2 赤羽スカイハイツ911

☆来所をご希望の場合は、外出中の事もありますので事前にお電話で所長關口まで
アポイントをお願い致します☆
【TEL・FAX】03-3903-2888 【メール】
mail@sekiguchikatsuo.com

 東京都行政書士会 会員番号5516号
 日本行政書士連合会 登録番号 第03082619号



お問合せ

ご相談、ご連絡はお気軽にどうぞ!

【フリーダイヤル】0120-980-833
【TEL・FAX】03-3903-2888
【メール】
mail@sekiguchikatsuo.com
※yahooメール、携帯電話からのメールは受信できないことがあります。
空
copyright(C)2012-2016 sekiguchi_office All Rights Reserved.