北区赤羽の關口行政書士事務所 幸せ相続センター東京第一
遺言・相続に関する手続き・離婚相談・各種契約書の作成・建設業許可申請

お問合せは
フリーダイヤル☎0120-980-833
【メール】mail@sekiguchikatsuo.com

 
トップページへ | 料金表はこちら |コラム|ブログ|
所長プロフィール

   
 
行政書士・離婚再婚アナリスト
關口勝生(せきぐちかつお)
1972年東京都北区生まれ。中央大学経済学部卒業後、株式会社日本リースに入社。サラリーマン生活になじめずわずか1年半で退職し、1年間タイで無職生活を送る。帰国後、大手ユニフォームメーカーに就職。会社勤めの傍ら、独学で行政書士の資格を取得。2007年10月に経験も人脈もゼロの状態で独立。名刺やブログといったツールを利用することで、驚異的なスピードで莫大な人脈を構築し、事務所経営を軌道に乗せる。独立以来、会社設立を中心に各種事業のサポートを行ってきたが、2010年より年間相談件数100件以上の実績を誇る幸せ相続センターの全面バックアップのもと、幸せ相続センター東京第一を開設。2012年北区赤羽に事務所を移転。趣味は、愛妻と旅行に行くこと。

【著書】
☆好評発売中☆
關口勝生(著)

『人脈塾 サラリーマンも
「自分名刺」を持ちなさい

阪急コミュニケーションズ
  人脈塾  

【メディア出演実績】
・ラジオJ-WAVE
『BOOM TOWN』
・テレビ朝日
「スーパーJチャンネル」
・産經新聞
・毎日新聞 他多数


空
コラム

【遺言と違う分け方をしたい】

テーマ:相続

line

icon 空

S籐さんがご相談に来たのは1年前の今頃でした。

お母様がその5か月ほど前に亡くなられたとのことで、ご相談はそのお母様が遺した遺言のことでした。

S藤さんのお父様は10年ほど前にすでに亡くなられており、S藤さんとお母様で北区にある一軒家(お母様の所有)で二人暮らししていました。

S藤さんにはにお姉様がいて結婚して横浜のほうに住んでおり、相続人はS籐さんとお姉様の二人です。

お母様は亡くなる直前まで元気で、週3回パートの仕事もしていたのですが、ご自宅で突然倒れてそのまま他界してしまったとのことでした。

お母様は、S籐さんのお父様が亡くなられた直後に遺言書を自筆証書で作っていたそうで、うちの事務所にはその遺言書を持参してきたのです。


遺言書の要点は以下の2点でした。

@自宅の共有持分の2分の1をS藤さんに、もう2分の1をS藤さんのお姉様に相続させる。
A自宅以外の預貯金その他一切の財産はS籐さんに相続させる。


実は、S籐さんからはこの2か月ほど前にご相談の予約の電話をいただいていまして、その電話で自筆証書遺言があることをうかがっていましたので、家庭裁判所で検認の手続きをするよう指示してありました。

ですので、このご相談時には検認の済んだ遺言書をご持参いただきました。自筆証書遺言の形式に不備はありませんでした。


ご相談の内容は、この遺言書とは違う方法で財産を相続できないかということでした。

ご自宅には今後もS藤さんが住み続けますし、お姉様はお嫁に行っているので、わざわざ自宅の持分を2分の1ずつにするのも無意味で、自宅はS藤さん自身が100%取得したい、というのがS藤さんのお考えです。

遺言書があっても、相続人全員の同意があれば遺言書と違う方法で相続することは可能です。

今回の場合、遺言執行者の指定もありませんし、S籐さんとお姉様で合意すれば可能ということになります。

ご相談時間の中で、S藤さんは、自宅を全部自分が相続する代わりに、預貯金をお姉様に相続させるという方向でお姉様とお話してみるということにして、帰宅されました。

その数日後、S籐さんからご連絡があり、

S藤さんのお母様の主な相続財産は自宅不動産の他に預貯金が約900万円あったのですが、自宅不動産をS藤さんが相続し、預貯金900万円全額をお姉様が相続すること、

でお姉様と合意したとのことです。

お姉様としても、自分が住むわけでもない不動産のしかも2分の1をもらっても仕方がないと考えていたようで、不動産の価値と比べると900万円はやや少ない金額ではあったのですが、意外にあっさり合意してくれたようです。

S藤さんは現金を相続しないことになったわけですが、別途に生命保険の保険金がS藤さんに200万円とお姉様に500万円あったとのことなので、その点は問題ないようです(お姉様のほうが保険金が多かったのもお姉様があっさり合意してくれた一因かもしれません)。

そこで、遺産分割協議書を以下のとおり作成して、あとは司法書士の先生に相続登記をお願いして完了となりました。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

           遺産分割協議書

被相続人 S籐T子(昭和20年9月○日生、平成25年1月○日死亡、本籍 東京都北区○○町○丁目○○○番、最後の住所 東京都北区○○町○丁目○○番○○号)の遺産について、共同相続人長女F山M美(旧姓 S籐)、同長男 S籐Y雄は、全員による協議の結果、平成16年2月○日S籐T子により作成された自筆証書遺言で定めた遺産の分割の方法と異なる遺産分割をすることで合意し、次のとおり遺産を分割し、取得することを決定した。


1.次の不動産は、相続人 S籐Y雄が取得する。

  土地の表示
   所     在       東京都北区○○町○丁目
   地     番       ○○○番○
   地     目       宅地
   地     積       86.61u

  建物の表示       
   所     在       東京都北区○○町○丁目○○○番○
   家 屋 番 号       ○○○番○の○
   種     類       居宅
   構     造       木造スレート葺 2階建
   床  面  積       1階  62.28u
                  2階  40.12u

2.被相続人名義の次の預貯金は、相続人 F山M美が取得する。

   みずほ銀行○○○支店   総合口座通帳 口座番号○○○○○○○号
   巣鴨信用金庫○○支店   定期積金通帳 お客様番号○○○号
                     口座番号○○○○○号
   ゆうちょ銀行通常貯金     記号○○○○○ 番号○○○○○○○号
   ゆうちょ銀行          定額貯金○○○○○−○○○○○○○号

3.相続人 S籐Y雄は、前記1、2に記載した以外のすべての財産を取得する。

4.相続人 S籐Y雄は、被相続人の未払租税を負担する。


以上のとおり、相続人全員による遺産分割協議が真正に成立したことを証するため、この遺産分割協議書を2通作成し、各自署名捺印のうえ、それぞれ1通を保持する。

平成25年8月○日

相続人  (住所)神奈川県横浜市港北区○○町○丁目○番○−○○○号

       (氏名)F山M美       印


相続人  (住所)東京都北区○○町○丁目○○番○○号

       (氏名)S籐Y雄       印



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


これは私の想像ですが、お母様はご主人が亡くなられて遺言書を書いたものの、もうちょっと長生きするつもりだったのではなかろうか。

少なくともお金はもっと遣ってしまってわずかな金額しか残らないだろうから自宅を2分の1ずつ分けて、と思っていたんじゃないかと思います。

とにかく遺言とは異なりましたが、むしろすっきりした遺産分割になったと思います。


今回の参考条文は以下のとおりです。

民法

(遺産の分割の協議又は審判等)
第九百七条 共同相続人は、次条の規定により被相続人が遺言で禁じた場合を除き、いつでも、その協議で、遺産の分割をすることができる。
2〜3 省略

(遺産の分割の方法の指定及び遺産の分割の禁止)
第九百八条 被相続人は、遺言で、遺産の分割の方法を定め、若しくはこれを定めることを第三者に委託し、又は相続開始の時から五年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができる。

(遺産の分割の効力)
第九百九条 遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生ずる。ただし、第三者の権利を害することはできない。

(遺言の効力の発生時期)
第九百八十五条 遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生ずる。

(遺言書の検認)
第千四条 遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない。遺言書の保管者がない場合において、相続人が遺言書を発見した後も、同様とする。
2 前項の規定は、公正証書による遺言については、適用しない。
3 封印のある遺言書は、家庭裁判所において相続人又はその代理人の立会いがなければ、開封することができない。



さらに、参考になる判例がありますので、これも一応掲載しておきます。

[さいたま地方裁判所平成14年2月7日判決]
(1)特定の不動産を特定の相続人に「相続させる」旨の遺言がなされた場合には,当該遺言において相続による承継を当該相続人の受諾の意思表示にかからせたなど の特段の事情のない限り,何らの行為を要せずして,被相続人の死亡の時(遺言の効力の生じた時)に直ちに当該不動産は当該相続人に相続により承継される。そのよう な遺言がなされた場合の遺産分割の協議又は審判においては、当該遺産の承継を参酌して残余の遺産の分割がされることはいうまでもないとしても、当該遺産については、 上記の協議又は審判を経る余地はない。以上が判例の趣旨である(最判平成3年4月19日第2小法廷判決・民集45巻4号477頁参照)。
しかしながら,このような 遺言をする被相続人(遺言者)の通常の意思は,相続をめぐって相続人間に無用な紛争が生ずることを避けることにあるから,これと異なる内容の遺産分割が全相続人に よって協議されたとしても,直ちに被相続人の意思に反するとはいえない。
被相続人が遺言でこれと異なる遺産分割を禁じている等の事情があれば格別,そうでなければ, 被相続人による拘束を全相続人にまで及ぼす必要はなく,むしろ全相続人の意思が一致するなら,遺産を承継する当事者たる相続人間の意思を尊重することが妥当である。
法的には,一旦は遺言内容に沿った遺産の帰属が決まるものではあるが,このような遺産分割は,相続人間における当該遺産の贈与や交換を含む混合契約と解することが 可能であるし,その効果についても通常の遺産分割と同様の取り扱いを認めることが実態に即して簡明である。また従前から遺言があっても,全相続人によってこれと異 なる遺産分割協議は実際に多く行われていたのであり,ただ事案によって遺産分割協議が難航している実状もあることから,前記判例は,その迅速で妥当な紛争解決を図 るという趣旨から,これを不要としたのであって,相続人間において,遺言と異なる遺産分割をすることが一切できず,その遺産分割を無効とする趣旨まで包含している と解することはできないというべきである。
(2)本件においては,本件土地を含むDの遺産につき,原告ら全ての相続人間において,本件遺言と異なる分割協議がなされたものであるところ,Dが遺言に反する 遺産分割を禁じている等の特段の事情を認めうる証拠はなく,原告らの中に本件遺産分割に異議を述べる者はいない上,被告は本件遺産分割については,第3者の地位に あり,その効力が直ちに被告の法的地位を決定するものでもないことを考慮すると,本件遺産分割の効力を否定することはできず,本件土地は原告らの共有に属すると認 められる。



それから税務について関係あると思われるタックスアンサーも載せておきます。

No.4176 遺言書の内容と異なる遺産分割をした場合の相続税と贈与税
[平成25年4月1日現在法令等]
相続人の1人に全部の遺産を与える旨の遺言書がある場合に、相続人全員で遺言書の内容と異なった遺産分割をしたときには、受遺者である相続人が遺贈を事実上放棄し、共同相続人間で遺産分割が行われたとみるのが相当です。したがって、各人の相続税の課税価格は、相続人全員で行われた分割協議の内容によることとなります。
なお、受遺者である相続人から他の相続人に対して贈与があったものとして贈与税が課されることにはなりません。
(相法11の2、民法907、908)




※この記事は、実際にあった事例をもとにしたフィクションです。したがって遺産分割協議書の文例も実際の遺産分割協議書の文面を、ブログ用に修正したものです。







コラムメニューページに戻る▲




事務所概要

【事務所名】關口行政書士事務所 幸せ相続センター東京第一
【事務所所在地】〒115-0045 東京都北区赤羽2-2-2 赤羽スカイハイツ911

☆来所をご希望の場合は、外出中の事もありますので事前にお電話で所長關口まで
アポイントをお願い致します☆
【TEL・FAX】03-3903-2888 【メール】
mail@sekiguchikatsuo.com

 東京都行政書士会 会員番号5516号
 日本行政書士連合会 登録番号 第03082619号



お問合せ

ご相談、ご連絡はお気軽にどうぞ!

【フリーダイヤル】0120-980-833
【TEL・FAX】03-3903-2888
【メール】
mail@sekiguchikatsuo.com
※yahooメール、携帯電話からのメールは受信できないことがあります。
空
copyright(C)2012-2016 sekiguchi_office All Rights Reserved.