北区赤羽の關口行政書士事務所 幸せ相続センター東京第一
遺言・相続に関する手続き・離婚相談・各種契約書の作成・建設業許可申請

お問合せは
フリーダイヤル☎0120-980-833
【メール】mail@sekiguchikatsuo.com

 
トップページへ | 料金表はこちら | コラム | 遺言条項例 | ブログ|
所長プロフィール

   
 
行政書士・離婚再婚アナリスト
關口勝生(せきぐちかつお)
1972年東京都北区生まれ。中央大学経済学部卒業後、株式会社日本リースに入社。サラリーマン生活になじめずわずか1年半で退職し、1年間タイで無職生活を送る。帰国後、大手ユニフォームメーカーに就職。会社勤めの傍ら、独学で行政書士の資格を取得。2007年10月に経験も人脈もゼロの状態で独立。名刺やブログといったツールを利用することで、驚異的なスピードで莫大な人脈を構築し、事務所経営を軌道に乗せる。独立以来、会社設立を中心に各種事業のサポートを行ってきたが、2010年より年間相談件数100件以上の実績を誇る幸せ相続センターの全面バックアップのもと、幸せ相続センター東京第一を開設。2012年北区赤羽に事務所を移転。趣味は、愛妻と旅行に行くこと。

【著書】
☆好評発売中☆
關口勝生(著)

『人脈塾 サラリーマンも
「自分名刺」を持ちなさい

阪急コミュニケーションズ
  人脈塾  

【メディア出演実績】
・ラジオJ-WAVE
『BOOM TOWN』
・テレビ朝日
「スーパーJチャンネル」
・産經新聞
・毎日新聞 他多数


空
コラム

【長男に自宅、長女に預貯金を遺す遺言〜代償の負担の定め】

テーマ:遺言

line

icon 空

Y田T子さん(79歳)から、遺言作成の依頼を下さったのは4か月ほど前のことでした。

T子さんのご主人は4年前に他界し、その際にご主人名義の財産はすべてT子さんが相続しました。

その際に相続したご自宅を二世帯住宅に建て替えて、長男家族と同じ建物に住んでいます。この建て替えにかかった費用はすべてT子さんがご主人から相続した預貯金を使ったとのことです。

T子さんには、もう一人お子様いて、長女なんですが、他家にお嫁にいって独立して家庭を持っています。

財産は、自宅の土地と建物で固定資産税評価額で約2500万円、預貯金が約800万円、その他家財道具といったところで、借金は無し。

ご自宅は長男に遺すつもりということでしたので、預貯金を長女のほうに遺すということで遺言を考え始めましたが、ご自宅はすでに固定資産税評価額で預貯金を大きく上回っており、建物も新しいということもあって時価評価はもっと高いだろうということは容易に想像できました。

T子さんには、相続財産の他に生命保険の終身保険が、長男を受取人にし保険金600万円(300万円のものが2本)あるとのことでしたので、これを代償の負担として使うことで遺言の組み立てをしました。


それが以下の遺言です。



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


平成26年第○○○号


           遺言公正証書


 本公証人は、遺言者Y田T子の嘱託により、後記証人2名の立会をもって次の遺言の趣旨の口述を筆記し、これを証書に作成する。


第1条(財産の相続)
1.遺言者は、遺言者の所有する下記の土地、建物及び当該建物内に存する一切の動産を遺言者の長男Y田H雄(昭和37年6月○日生)に相続させる。
          記
 @土地
  所   在  東京都北区志茂○丁目
  地   番  ○○○○番○
  地   目  宅地
  地   積  81.16平方メートル
 A建物
  所   在  東京都北区志茂○丁目○○○○番○
  家屋番号  ○○○○番○
  種   類  居宅
  構   造  木造スレート葺3階建
  床 面 積   1階 53.18平方メートル
           2階 52.62平方メートル
           3階 40.26平方メートル

2.(負担)
上記Y田H雄は、前項の財産を相続する負担として、遺言者の長女F野Y子(旧姓 Y田、昭和39年9月○日生)に対し金500万円を、支払わなければならない。


第2条(財産の相続)
遺言者は、遺言者名義の下記の財産を上記F野Y子に相続させる。
          記
@次の金融機関に対する預貯金債権
(1)三井住友銀行 ○○支店扱い 総合口座通帳 口座番号○○○○○○○
(2)ゆうちょ銀行 総合口座通帳 記号○○○○○ 番号○○○○○○○○
(3)その他金融機関
A遺言者が死亡時に有する現金、不動産、動産及びその他一切の財産(ただし、第1条記載の財産を除く。)


第3条(債務等の負担)
遺言者の一切の債務(遺言者の未払租税公課、入院治療費、日常家事債務等)、葬儀費用、遺言の執行に関する費用は、上記Y田H雄が支払うものとする。


第4条(補充遺言)
1.万一、遺言者より前に又は遺言者と同時に上記Y田H雄が死亡していた場合は、第1条により同人に相続させるとした財産を、同人の子に均等の割合で相続させる。また、同人が第1条第2項により支払うべき金銭及び第3条により支払うべき債務等も同人の子が均等の割合で支払うものとする。

2.万一、遺言者より前に又は遺言者と同時に上記F野Y子が死亡していた場合は、第2条により同人に相続させるとした財産を、同人の子に均等の割合で相続させる。また、同人が第1条第2項により取得する金銭も同人の子が均等の割合で支払うものとする。


第5条(祭祀の主宰者)
1.遺言者は、遺言者及び祖先の祭祀を主宰すべきものとして、上記Y田H雄を指定する。

2.Y田H雄には、墓地を含む代々の墓及び仏壇など祭祀に必要な財産の一切を相続させる。

3.万一、遺言者より前に又は遺言者と同時にY田H雄が死亡していたときは、遺言者の孫(Y田H雄の長男)Y田M之(昭和62年11月○日生)を遺言者及び祖先の祭祀を主宰すべき者とする。


第6条(遺言執行者)
1.遺言者は、本遺言の執行者として、上記Y田H雄を指定する。

2.万一、この遺言の執行完了以前にY田H雄が死亡、又は執行が不能な状態になったとき、もしくは遺言執行者への就任を辞退したときには、新たな遺言執行者として上記F野Y子を指定する。


第7条(遺言執行者の権限) 
遺言者は、遺言執行者に対し、次の権限を授与する。
@不動産、預貯金、株式その他の相続財産の名義変更、解約及び払戻し
A貸金庫の開扉、解約及び内容物の取り出し
B本遺言の執行に必要な場合に代理人及び補助者を選任すること
Cその他本遺言を執行するために必要な一切の処分を行うこと



(付言事項)
1.遺言者(以下「私」と言います)は、長男H雄、長女Y子とその家族が仲良く幸せな人生を過ごしてくれることを切に願い、この遺言書を作成しました。
2.長男H雄は、私たち両親の反対を押し切り大学に進学せず板前の道に進み、私たち親はたいへん心配しました。しかし、今では立派な板前になってくれてとても誇りに思っています。またたいへん気立てのよいお嫁さんと家族に恵まれ、お父さんの亡くなった後は同じ屋根の下に住んでくれて、とても安心しました。その感謝の気持ちと、家庭を幸せに保ち続けることそしてY田家全体の幸せのために努力してくれることを期待して、H雄には自宅不動産を相続させることにしました。ただし、私の自宅不動産はそれほど大きくはありませんが東京都内にあることで、私の預貯金より高い価値があると思います。つきましては、Y子との均衡をとるため代償の負担を定めましたことをご了解ください。H雄を受取人とした生命保険がありますので、それを充ててることで支払うことができるはずです。

 Y子は、私たち両親の期待通り、優しく健やかに育ってくれてとても嬉しいです。良い夫良い家族に恵まれて本当に安心しました。これからも幸せな家庭を保ち続けてくれるよう、Y子には私の預貯金のすべてを相続させることにしました。M雄が相続する自宅不動産に比べると財産の価値が低いのですが、M雄に代償の負担をさせることにしてありますので、どうかご了承ください。

3.以上のような思いから熟慮に熟慮を重ね、この遺言書を作りました。場合によっては、遺留分を侵害することもあるかと思いますが、どうか減殺請求などせずに遺言書のとおり相続していただきたいと願っています。

4.みんな、今までありがとう。これからも仲良く幸せに過ごしてください。

  以上




本旨外要件

東京都北区志茂○丁目○○番○号
無 職

遺言者  Y田T子
 昭和10年1月○日生
遺言者は、印鑑登録証明書の提出により人違いでないことを証明させた。

東京都杉並区高円寺北○丁目○番○−○○○号
会社員
証  人  Y口A司
 昭和50年9月○日生

東京都北区赤羽2丁目2番2−911号
行政書士
証  人  關口勝生
 昭和47年2月○日生

上記各事項を列席者に読み聞かせたところ、各自、筆記の正確なことを承認し、次に署名押印する。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



こんな形の遺言にしました。

代償の負担を生命保険金の範囲内にしたことで、長男の負担も少なくできるのかなと思います。

反面、この後、預貯金が大きく目減りするようなことがあると、長女のほうの不満が出る可能性、遺留分を侵害して減殺請求につながる可能性も否定できませんが、現段階で遺言でできるのはここまででしょうか。

しかし、このまま遺言が無い状態で、T子さんが亡くなると高い確率で混乱が発生することが予想されますので、やはり遺言を残すことは大切だと思わされた案件でした。




※この記事は、実際にあった事例をもとにしたフィクションです。したがって公正証書の文例も実際の公正証書の文面を、ブログ用に修正したものです。





コラムメニューページに戻る▲




事務所概要

【事務所名】關口行政書士事務所 幸せ相続センター東京第一
【事務所所在地】〒115-0045 東京都北区赤羽2-2-2 赤羽スカイハイツ911

☆来所をご希望の場合は、外出中の事もありますので事前にお電話で所長關口まで
アポイントをお願い致します☆
【TEL・FAX】03-3903-2888 【メール】
mail@sekiguchikatsuo.com

 東京都行政書士会 会員番号5516号
 日本行政書士連合会 登録番号 第03082619号



お問合せ

ご相談、ご連絡はお気軽にどうぞ!

【フリーダイヤル】0120-980-833
【TEL・FAX】03-3903-2888
【メール】
mail@sekiguchikatsuo.com
※yahooメール、携帯電話からのメールは受信できないことがあります。
空
copyright(C)2012-2016 sekiguchi_office All Rights Reserved.