北区赤羽の關口行政書士事務所 幸せ相続センター東京第一
遺言・相続に関する手続き・離婚相談・各種契約書の作成・建設業許可申請

お問合せは
フリーダイヤル☎0120-980-833
【メール】mail@sekiguchikatsuo.com

 
トップページへ | 料金表はこちら | コラム | 遺言条項例 | ブログ |
所長プロフィール

   
 
行政書士・離婚再婚アナリスト
關口勝生(せきぐちかつお)
1972年東京都北区生まれ。中央大学経済学部卒業後、株式会社日本リースに入社。サラリーマン生活になじめずわずか1年半で退職し、1年間タイで無職生活を送る。帰国後、大手ユニフォームメーカーに就職。会社勤めの傍ら、独学で行政書士の資格を取得。2007年10月に経験も人脈もゼロの状態で独立。名刺やブログといったツールを利用することで、驚異的なスピードで莫大な人脈を構築し、事務所経営を軌道に乗せる。独立以来、会社設立を中心に各種事業のサポートを行ってきたが、2010年より年間相談件数100件以上の実績を誇る幸せ相続センターの全面バックアップのもと、幸せ相続センター東京第一を開設。2012年北区赤羽に事務所を移転。趣味は、愛妻と旅行に行くこと。

【著書】
☆好評発売中☆
關口勝生(著)

『人脈塾 サラリーマンも
「自分名刺」を持ちなさい

阪急コミュニケーションズ
  人脈塾  

【メディア出演実績】
・ラジオJ-WAVE
『BOOM TOWN』
・テレビ朝日
「スーパーJチャンネル」
・産經新聞
・毎日新聞 他多数


空
コラム

【印鑑証明が無いんですが】

テーマ:結婚・離婚・再婚

line

icon 空

「印鑑登録していないのですが」

こうおっしゃるの女性はC美さん(仮名)。

C美さんはもともと離婚の相談でいらっしゃった方だ。

円満とまではいかないまでも、ご主人との離婚の条件はわりとすんなり決まり、ご主人も一度C美さんと一緒にうちの事務所にいらっしゃって、財産分与・養育費についての取決めを公正証書にすることにしてその案文の作成を私が受任することになった。

公正証書の作成にあたり、公証役場に出向くときは、私がC美さんの代理人になってご主人と一緒に行ってほしいとのことだ。

と言うのも、ずっと専業主婦だったC美さんは今回の離婚をきっかけに就職をしたのだが、勤務し始めたばっかりで平日に休みを取りづらいということなのだ。

そう言えばうちの事務所に来るときも日曜ばかりだったっけ。

私が代理人として公証役場に出向くのは問題ないのだが、C美さんに委任状に実印を押していただき、それが実印と証明するために印鑑証明書が必要になる。

その説明をしたところで最初の発言となったわけだ。

C美さんは、今まで特に必要がなかったということで印鑑登録をしていなかった。

C美さんの住む北区では、印鑑証明書は平日だけでなく日曜日も取得できるが、その前提になる印鑑登録ができるのは平日だけなのだ。

そこで代理人が印鑑登録できないかを調べてみたが、これがけっこうめんどくさい。



@登録する印鑑、本人が作成した委任状(「印鑑登録申請のこと」と委任内容に書く)、代理人の本人確認書類(運転免許証とか)を、区民事務所の窓口に持参して登録申請をする。

A登録者本人の自宅に照会書(回答書付き)が郵送される。

B照会書に付いている回答書に、登録者本人が必要事項を記入し、登録する印鑑を捺印し署名する。

C@で申請した窓口に、照会書(回答書に記入・署名・捺印したもの)、登録者本人が作成した委任状(「印鑑登録証受領のこと」と委任内容に書く)、登録者本人の本人確認書類又はその写し、代理人の本人確認書類を持参して、印鑑登録証を受け取る。



すごいめんどくさい!しかも本人が行けば即日発行だが、代理人だと発行まで何日もかかる。

最終的には、王子区民事務所に限り、月1回日曜日に印鑑登録を受け付けていることがわかり、C美さんご本人に印鑑登録をしていただき印鑑証明書も取得してもらい、無事に公正証書も作ることができました。



参考までに、離婚公正証書を作成するときに公証役場に持参しなければならない証明書類をまとめておきます。


戸籍謄本(公証役場に行く時点の現況が記載されていれば、発行日はいつでも可。ただしあまり古い日付だと新しいものを求められるかも)


○当事者本人が公証役場に行く場合
運転免許証と認印、パスポートと認印、住民基本台帳カード(顔写真付き)と認印、印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内)と実印、のどれか一つの組み合わせ


○代理人が公証役場に行く場合
本人作成の委任状(本人の実印を押すこと)
本人の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内)
代理人の運転免許証と認印、パスポートと認印、住民基本台帳カード(顔写真付き)と認印、印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内)と実印、のどれか一つの組み合わせ



あと一応参考ホームページです。


日本公証人連合会


東京都北区の印鑑登録のページ (かなり見づらいです…花川区長何とかして!)




※この記事は実際にあった案件をもとに作成したフィクションです。実在の人物とは何ら関係ありません。





コラムメニューページに戻る▲




事務所概要

【事務所名】關口行政書士事務所 幸せ相続センター東京第一
【事務所所在地】〒115-0045 東京都北区赤羽2-2-2 赤羽スカイハイツ911

☆来所をご希望の場合は、外出中の事もありますので事前にお電話で所長關口まで
アポイントをお願い致します☆
【TEL・FAX】03-3903-2888 【メール】
mail@sekiguchikatsuo.com

 東京都行政書士会 会員番号5516号
 日本行政書士連合会 登録番号 第03082619号



お問合せ

ご相談、ご連絡はお気軽にどうぞ!

【フリーダイヤル】0120-980-833
【TEL・FAX】03-3903-2888
【メール】
mail@sekiguchikatsuo.com
※yahooメール、携帯電話からのメールは受信できないことがあります。
空
copyright(C)2012-2016 sekiguchi_office All Rights Reserved.