北区赤羽の關口行政書士事務所 幸せ相続センター東京第一
遺言・相続に関する手続き・離婚相談・各種契約書の作成・建設業許可申請

お問合せは
フリーダイヤル☎0120-980-833
【メール】mail@sekiguchikatsuo.com

 
トップページへ | 料金表はこちら | コラム | 遺言条項例 | ブログ |
所長プロフィール

   
 
行政書士・離婚再婚アナリスト
關口勝生(せきぐちかつお)
1972年東京都北区生まれ。中央大学経済学部卒業後、株式会社日本リースに入社。サラリーマン生活になじめずわずか1年半で退職し、1年間タイで無職生活を送る。帰国後、大手ユニフォームメーカーに就職。会社勤めの傍ら、独学で行政書士の資格を取得。2007年10月に経験も人脈もゼロの状態で独立。名刺やブログといったツールを利用することで、驚異的なスピードで莫大な人脈を構築し、事務所経営を軌道に乗せる。独立以来、会社設立を中心に各種事業のサポートを行ってきたが、2010年より年間相談件数100件以上の実績を誇る幸せ相続センターの全面バックアップのもと、幸せ相続センター東京第一を開設。2012年北区赤羽に事務所を移転。趣味は、愛妻と旅行に行くこと。

【著書】
☆好評発売中☆
關口勝生(著)

『人脈塾 サラリーマンも
「自分名刺」を持ちなさい

阪急コミュニケーションズ
  人脈塾  

【メディア出演実績】
・ラジオJ-WAVE
『BOOM TOWN』
・テレビ朝日
「スーパーJチャンネル」
・産經新聞
・毎日新聞 他多数


空
コラム

【前の奥さんと一緒の戸籍に入りたくない】

テーマ:結婚・離婚・再婚

line

icon 空

学生時代の友人、F夫君(仮名)から相談を受けた。

結婚を控えたF夫君は、婚約者のG美さん(仮名)に、

「前の奥さんと一緒の戸籍に入りたくない」

と言われたというのだ。

F夫君には離婚歴がある。

離婚歴がある男性の戸籍謄本は一般的にこうなる。



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

  本     籍         東京都品川区○○町××

  氏     名         鈴木 F夫

--------------------------------------------------------------------------------

戸籍事項

   戸籍編成          【編成日】平成××年×月×日

--------------------------------------------------------------------------------

戸籍に記録されている者    【名】 F夫

                    【生年月日】 昭和××年×月×日

                    【父】 鈴木F吉

                    【母】 鈴木F子

                    【続柄】長男

身分事項

   出  生            【出生日】昭和××年×月×日

                   (中略)

   婚  姻            【婚姻日】平成××年×月×日

                   (中略)

   離  婚            【離婚日】平成××年×月×日

                    【配偶者氏名】佐藤H枝

                    【送付を受けた日】平成××年×月×日

                    【受理者】東京都品川区長

--------------------------------------------------------------------------------

戸籍に記載されている者    【名】 H枝

                    【生年月日】 昭和××年×月×日

 除  籍              (以下省略)



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



このままF夫君が、G美さんと再婚すると、前妻のH枝さんの下にG美さんの名前が追加されることになります。

これが、G美さんの言う、

「前の奥さんと一緒の戸籍に入りたくない」

という言葉の意味なのです。

よく話を聞いてみると、F夫君はすでにG美と新婚生活をおくるための新居にすでに住んでいるという(G美さんはまだ実家で暮らしています)。

そこで私は、F夫君にまず区役所に転籍届を出して、今暮らしている新居に本籍を移すようにアドバイスした。

他の市区町村に転籍をすると、前の結婚、離婚の情報は引継がれないので、新しい戸籍謄本はこうなります。



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

  本     籍         東京都板橋区○○町××

  氏     名         鈴木 F夫

--------------------------------------------------------------------------------

戸籍事項

   転  籍           【転籍日】平成××年×月×日

                   【従前戸籍】東京都品川区○○町××

--------------------------------------------------------------------------------

戸籍に記録されている者    【名】 F夫

                    【生年月日】 昭和××年×月×日

                    【父】 鈴木F吉

                    【母】 鈴木F子

                    【続柄】長男

身分事項

   出  生            【出生日】昭和××年×月×日



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



この状態にまずしておいて、それからG美さんとの婚姻届を出せば、ここにG美さんの名前とG美さんと結婚したという事項が追加されるので、前の奥さんと同じ戸籍に入ることはありません。

ということで、F夫君、無事に結婚できそうですね☆



以下、参考条文です。


戸籍法

第1条 戸籍に関する事務は、市町村長がこれを管掌する。
2 前項の事務は、地方自治法第二条第九項第一号に規定する第一号法定受託事務とする。

第4条 都の区のある区域においては、この法律中の市、市長及び市役所に関する規定は、区、区長及び区役所にこれを準用する。地方自治法第二百五十二条の十九第一項の指定都市においても同様である。

第6条 戸籍は、市町村の区域内に本籍を定める一の夫婦及びこれと氏を同じくする子ごとに、これを編製する。ただし、日本人でない者(以下「外国人」という。)と婚姻をした者又は配偶者がない者について新たに戸籍を編製するときは、その者及びこれと氏を同じくする子ごとに、これを編製する。

第108条 転籍をしようとするときは、新本籍を届書に記載して、戸籍の筆頭に記載した者及びその配偶者が、その旨を届け出なければならない。
2 他の市町村に転籍をする場合には、戸籍の謄本を届書に添附しなければならない。



戸籍法施行規則

第34条 左に掲げる事項は、戸籍事項欄にこれを記載しなければならない
一 新戸籍の編製に関する事項
二 氏の変更に関する事項
三 転籍に関する事項
四 戸籍の全部の消除に関する事項
五 戸籍の全部に係る訂正に関する事項
六 戸籍の再製又は改製に関する事項

第37条 戸籍法第百八条第二項場合には、届書に添附した戸籍の謄本に記載した事項は、転籍地の戸籍にこれを記載しなければならない。但し、左に掲げる事項については、この限りでない。
一 第三十四条第一号、第三号乃至第六号に掲げる事項
二 削除
三 戸籍の筆頭に記載した者以外で除籍された者に関する事項
四 戸籍の筆頭に記載した者で除籍された者の身分事項欄に記載した事項
五 その他新戸籍編製の場合に移記を要しない事項



地方自治法

第2条 地方公共団体は、法人とする。
(2〜8省略)
9 この法律において「法定受託事務」とは、次に掲げる事務をいう。
一 法律又はこれに基づく政令により都道府県、市町村又は特別区が処理することとされる事務のうち、国が本来果たすべき役割に係るものであつて、国においてその適正な処理を特に確保する必要があるものとして法律又はこれに基づく政令に特に定めるもの(以下「第一号法定受託事務」という。)
(二は省略)
(10〜17省略)

第252条の19 政令で指定する人口五十万以上の市(以下「指定都市」という。)は、次に掲げる事務のうち都道府県が法律又はこれに基づく政令の定めるところにより処理することとされているものの全部又は一部で政令で定めるものを、政令で定めるところにより、処理することができる。

(以下省略)





コラムメニューページに戻る▲




事務所概要

【事務所名】關口行政書士事務所 幸せ相続センター東京第一
【事務所所在地】〒115-0045 東京都北区赤羽2-2-2 赤羽スカイハイツ911

☆来所をご希望の場合は、外出中の事もありますので事前にお電話で所長關口まで
アポイントをお願い致します☆
【TEL・FAX】03-3903-2888 【メール】
mail@sekiguchikatsuo.com

 東京都行政書士会 会員番号5516号
 日本行政書士連合会 登録番号 第03082619号



お問合せ

ご相談、ご連絡はお気軽にどうぞ!

【フリーダイヤル】0120-980-833
【TEL・FAX】03-3903-2888
【メール】
mail@sekiguchikatsuo.com
※yahooメール、携帯電話からのメールは受信できないことがあります。
空
copyright(C)2012-2016 sekiguchi_office All Rights Reserved.